会社概要
社 名 越川工業株式会社
所在地 本社・
岡谷工場
〒394-0085 長野県岡谷市長地小萩1丁目12番25号
TEL 0266-27-6868 FAX 0266-27-6901
塩尻工場
〒399-0723 長野県塩尻市東山1590番地
TEL 0263-56-2331 FAX 0263-56-2908
資本金 3,500万円
代表者 代表取締役 越川浩道
設 立 昭和30年8月
従業員 41名(平成22年6月現在)
生産品目 ステンレス鋳造品・加工
生産能力 ステンレス鋳造品100t/月

 

案内図

帽子

 

社名鋳造

▲会社概要・沿革 ページトップに戻る

沿革
昭和30年8月 越川正一が資本金50万円にて株式会社越川商店を設立し銅滓精錬の製造販売開始する
昭和36年9月 株式会社北澤バルブの水栓製造加工開始
昭和38年7月 社名を越川工業株式会社に変更
昭和38年10月 水栓製造加工を株式会社北澤バルブの青銅バルブ鋳物製造に切換
昭和42年7月 高周波誘導電気炉を導入しステンレス鋼バルブ鋳物の試作開始
昭和42年11月 株式会社北澤バルブのステンレス鋼バルブ鋳物の製造開始
昭和44年8月 ステンレス鋼材料加工販売を業務としてタイヨーステン株式会社を設立
昭和45年3月 塩尻工場の建設に着手
昭和45年8月 ステンレス鋼バルブ鋳造部門を分離しタイヨーステン株式会社へ移管
昭和46年4月 塩尻工場操業開始する
昭和47年7月 低周波誘導電気炉を導入
昭和49年1月 ステンレス鋼鋳物酸処理装置導入
昭和52年5月 合理化のためタイヨーステン株式会社を休止し越川工業株式会社が一切の業務を継承する
昭和55年6月 熱処理炉導入
昭和58年11月 4MM自動造型機導入
昭和60年11月 サイリスター式高周波誘導電気炉導入
昭和61年1月 越川政彦が代表取締役に就任
昭和61年7月 青銅鋳物停止、ステンレス鋳物生産の1本化カ
昭和61年12月 真空形カントレコーダー導入
平成元年4月 NC旋盤導入しステンレス加工開始する
平成2年7月 岡谷工場増築
平成2年11月 サンドフレッシャー導入により鋳物砂のリサイクル
平成3年2月 ワンサンド方式開始
平成3年9月 くろがね造型機2KSの導入
平成4年5月 サイリスター式電気炉(FTH-450)2号機導入
平成4年5月 オールワンサンド化成功
平成8年5月 生産管理システム導入
平成13年8月 発光分光分析機、万能試験機、ブリネル硬度計導入
平成15年10月 熱処理炉を塩尻工場に移転
平成16年10月 越川浩道が代表取締役に就任
平成18年1月 自硬性造型ライン完成
平成18年3月 日本海事協会認証取得
平成18年7月 ビューロベリタス認証取得
平成18年10月 ロイド船級協会認証取得(マリーン・PED)
平成20年4月 塩尻工場、高圧受電設備キュービクル化
平成21年7月 岡谷工場、ステンカットワイヤー仕上ショット導入
平成22年11月 バッチ式熱処理炉導入

▲会社概要・沿革 ページトップに戻る